IRカジノ法案 新基準導入される

どうも!
令和(れいわ)に決まりましたね~。元号。
令という字は、書くと違う形「カタカナのマ」に、私たちは書いてしまいますが、問題は無いんだそうです。
reiwa.JPG
菅官房長官の持っている「令」は、前者ですね。

さて、新元号発表の日に、IRカジノ法案でも動きがあったようなのです。それは「100万円を超える現金への交換とチップの購入」には申告が義務付けられました。
これは、マネーロンダリングを防ぐことが目的とされているようです。

実際に2020年にカジノ営業がスタートして、100万円を超える決済をする人はかなりいると思います。となると、「日本のカジノめんどくさいよね~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!」といわれるであろうことは予想できます。
が、オンラインカジノにおいても、高額の引き出しに関しては「身分証明証」の提示が必要ですので、変わらないともいえます。
abe.JPG
「他に国会で話し合われた内容」

  • 2020年に合わせて、宿泊場・劇場・美術館などの併設
  • 訪問者が全国の観光地に赴けるよう窓口の併設
  • 2019年夏に「カジノ管理委員会」を作り、管理する
などが決まったようです。