ブックメーカーのオッズ種類

ブックメーカーとは、世界中のスポーツや競馬・時事・天気・モータースポーツ・e-スポーツにベット出来るシステムです。

日本の公営ギャンブルの「競馬」であれば、レース締め切り時に確定しますね。


ブックメーカーが、公営ギャンブルと大きく違うのはこの点です。

プレイヤー(ベットする人)が、サイトで確認したオッズがそのまま反映されるのが「ブックメーカー」です。

また、ゲーム中(ライブベット)でもベットができます。一人ひとりでオッズが違うわけです。



日本の競馬は、出走したらベット出来ませんね。

プロ野球やJリーグに賭ける際も同じです、ベットは試合前よりはオッズが落ちますが、前半終了後にある程度流れをみて賭けれるわけです。



ブックメーカーの中には、「破産」するところもあったりします。

過去に「スーパーボール」で波乱があり、強烈なオッズがうまれプレイヤーがハウスに大勝した試合がありブックメーカーが倒産した事例があります。


スポーツブックは、それほど硬いギャンブルで、「投資」とも言われる所以です。

資産家が大金を移動させ、オッズが動くわけです。


(主なブックメーカーの採用のオッズ方式とは?)

  • パリミッチェル式(日本の競馬)
  • ブックメーカー方式(賭けた時点でのオッズが反映)

となります。また、オッズの表示は様々で単に倍数が書かれている場合や、100を手にするために必要な掛け金が表示されているものなど、いろいろあるのですが、倍率はどの表記方法でも変わりませんのでご安心。


しいて言うなら、日本人には倍数(小数点)表示がなじみがあって分かりやすいと思います。